スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

円満退職をするために気をつける段取り

何をすれば、円満退職ができるものでしょうか。

退職には1カ月~3ヶ月は余裕を見てください。
その間に引き継ぎや業務分担を行うことになります。
業務を引き継ぐ人と共に、客や付き合いのある会社の相手にはあいさつをしてください。

余裕を見てあいさつ状を揃えることも大事です。
会社や周囲の人たちに対して誠実な態度で臨むことが円満退職では欠かせません。

退職願の専門用紙が作ってある会社も多いようです。
円満退職をするためには、会社の方法に従った退職願の書き方をするといいでしょう。
黒の万年筆かボールペンで書きましょう。
特定の用紙がないなら、白いたてがき便せんが定番です。

退職願をきちんと作成することも重要です。
代表者や社長名を「殿」をつけて宛名にしてください。
その際、くれぐれも名前を間違えないように。

もしも退職の理由がネガティブなものだとしても、退職届けの退職理由欄は一身上の理由といった穏やかな内容に留めます。

保険証や名刺などの貸与物は全てきちんと返します。
会社の経費で配給されたものは、持ち帰らないようにします。
会社に属していたときに着用していた制服や作業服はクリーニングに出してから返却するのが常識といわれています。

離職票は、退職する時に会社から受け取ることになる書類です。
間違いなく退職をした証明をするものであり、雇用保険失業給付のために提出しなければなりません。

すぐに再就職先に勤務し、失業手当が必要ないという場合は使わないかもしれません。
離職票の他、会社からもらっておかなければならない書類に源泉徴収票があります。

いくつかのポイントに気をつけることで、円満退職をなし遂げることが可能です。
スポンサーサイト
TAG :
退職

円満退職の方法

会社の負担となるような退職は避け、円満退職をしましょう。

仕事を辞めたいという意向は、すぐ上の上司に伝えます。
飛ばしてもっと上の人に言っては、上司に迷惑がかかります。
すぐ上の上司にまず真っ先に退職の希望を述べることが波風を立てないポイントです。
その人が退職をすんなり認めなかった時などはもう1つ上の人に行きます。

退職という希望が通ったら、上司や関係者を交えて具体的な退職までの段取りについて話し合います。
仕事の引き継ぎ新しい業務分担、関係会社へのあいさつなど、1つ1つの内容をきちんと終わらせていくことです。

会社と折り合い良く退職するには、始めに上司に言う時になごやかに話を持って行けるかどうかが大事です。
なるべく話がおお事にならないように、上司に時間を作ってもらって切り出します。

なぜ退職をしたいのかと言われても、会社への不満や社内の人に対する悪口は口にするものではありません。
もしかしたら、退職しないで欲しいと止められることもあります。
ですが、次の勤め口が決まっているという時は初志を貫徹しましょう。

円満に退職できず会社とトラブルが起きたために損害賠償を取られた例もありますので、できるだけ円満退職をしましょう。
1か月後に退職する旨を上司に伝えたところ、納品までに1か月なので退職を延ばすように説得されました。
その時は、会社の要求を全く聞かず、自分の希望を優先して退職をしたのですが、結局会社は納品が間に合わず損害が出てしまいました。
会社側は損害が生じたのは社員の無理な退職にあると考えて、損害賠償請求をしたそうです。

会社との話し合いが充分でないにもかかわらず退職をしたために、双方ともに大変な目にあってしまったわけです。
できるだけ円満退職をしましょう。
TAG :
円満退職

円満退職のポイント

円満退社のポイントについて調べてみました。

一口に退職といっても、いろいろな退職があります。
退職の理由では定年の年齢になったからというものもありますが、会社都合や自己都合での退職も珍しくありません。

以上の2つの範疇に属しませんが、円満退職という言葉があります。
退職を知らせる葉書を受け取った時に、『円満に退職をしました』というフレーズが書かれている場合があります。
周りと軋轢を生じずに退職できた状態が円満退職です。

円満退職を目指すには、周囲の様子を見極めながら、早い段階から退職に向けて取り組むことが必要になってくるようです。
就業規則を守って行うべきことも、円満退職のためにはあります。

退職の理由が、社内の付き合いに関わることや、会社の待遇への不満だったという人もいます。
強引や退職や、恨みつらみが出るような退職の形を取ると、どこかで損をする場合もありますのて、どうせ辞めるなら八方丸く収まるような退職を目指しましょう。

トラブルを起こさずに円満に退職をするには、社内の付き合いの他にも家族や取引先の理解が得られるような退職のスタイルを取れるように心がけることが大事であるといえます。
会社も周囲も納得するような円満な退職を目指す場合は、一両日ちゅうの退職を求めるような、唐突な話はしないようにしてください。
退職したいという希望を伝える時は、1ヶ月~3ヶ月先の話として、直接の上司に言うという形を取るとトラブルが減らせます。

円満退職のポイントとして覚えておきましょう。
TAG :
円満退社
退職
このページのトップへ
結婚
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。