スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

就職には筆記試験と面接が

就職活動をする上で、面接はほぼ通らなければならない関門です。

筆記と面接の二本立てであることが多いようです。
新卒者採用試験を定期的に行っている会社では、筆記試験面接試験を組み合わせて2次試験、最終試験等と何度か行っています。

1回の採用試験で採用を決める企業を希望するという新卒者もいます。
採用する側の企業も、有能な人材を見極めるために採用試験の内容に頭を悩ませているところも多いようです。
筆記でのテストを行う会社でも、計算問題や漢字問題など一般常識的だけでなく、適性検査をするところもあります。

企業の人間と就職希望者が話をすることで、どんな人なのかじっくり見極めるのが面接です。
グループ面接や、1人1人が呼び出されて順番に面接をするというパターンもあります。
就職する側もいわばライバルが多いわけですから、面接試験は絶好のアピールの場です。

面接での印象はとても重要です。
筆記試験は基本的なことを確認して不合格者を決めるための試験です。
最終的に雇い入れる人を決めるための試験が面接となります。

就職活動の成否は面接にかかっているともいえます。
新卒者を採用する時に求めるポイントと、転職者の採用で求めるポイントは自ずと違います。
就職試験の面接では、自分自身を会社に対してどう売り込んでいくかという姿勢が大事であり、学業での試験と違って正解を求めるものではありません。
スポンサーサイト
TAG :
面接
筆記試験
就職試験

福祉関係は求人の多い就職先

求人情報を探しても、正社員の募集が少ないことが就職活動のネックとなっています。

就職の競争はさながらイス取りゲームのような形相になりつつあります。
けれども、一部の職種は常に人手が足りず、なり手を求めています。
人気のある職業と人気のない職業の格差が激しく、社会問題といってもいい状況です。

仕事のつき手が少ないのは介護や福祉、医療関係です。
介護や福祉の求人ばかりが並んでいる求人情報も少なくないようです。

高齢化、少子化が続く日本の社会では、今後も介護や福祉に力を入れていく必要があります。
国家規模での取り組みが期待されるところです。

新卒者の就職活動がうまくいくよう、1人1人の適性にあった仕事につけるよう手助けをしていきたいものです。
新卒者にとって福祉や介護の業種は、給与や勤務内容が厳しいものであることが問題となっています。
待遇を改善し安定したものにできれば現状を変えられるはずです。

介護や福祉の求人によくある、資格などの条件が就職する際のネックになっていることもあります。
一定期間の実務で資格試験の一部が免除されたり、働きながらの資格取得をフォローするなどの取り組みも大事です。
福祉や介護の分野で働くことに魅力があれば、多くの人が希望してくるでしょう。

適切でない考えに基づいて、就職活動の選択肢を自ら減らしている方もいます。
求人を探す時には、就職に関する一方向からだけのものの見方を捨てて新たな観点に立つことも大事です。
TAG :
求人情報
仕事
福祉関係

少ない求人の大きな理由

有効求人倍率は横ばいで、就職難の時代はなかなか終わりそうにないですが、その理由は不景気以外にもあります。

会社と社員の関係が過去のものと違ってしまったこともあるでしょう。
1度雇用されたら定年退職まで勤めるのが昔は当たり前でしたが、今は違います。

正社員の働き口が減少した要因としては、派遣労働の増加があるようです。
かつては、工場のような製造業では、派遣社員の労働は認められてはいませんでした。
正社員の雇用数が減少したのは、派遣社員に関する条件が緩和されたことにより多くの企業が派遣社員を雇用したことが関わっています。

海外ヘの仕事の委託も日本での就職を少なくしている原因の一つです。
企業はコスト削減のため、より賃金の安い海外に仕事の一部を委託し、人件費を削減するように努めています。

コンピュータの導入により、仕事が効率化されたことも求人を少なくしている一因です。
仕事の機械化は、人間自体の必要性をどんどんなくしています。

労働人口の中で多くを占めていた団塊の世代はそろそろ一斉退職の時期を迎えますので、それに比して求人数も増えている面もあります。
新規分野に乗り出そうとしている会社も多いので、求人数は多くないとはいっても、新たな人材は常に求められています。
実際常に求人がある会社と、就職先として人気のある分野では大きな偏りがあるのも事実です。

就職に対する新たな見方が、今の求人減少や就職難を克服するカギになるともいえます。
TAG :
仕事探し
就職
求人情報
就職難

就職氷河期について

求人で意識するのは、就職氷河期という単語です。

求人に関わる人にとって、今は就職氷河期に匹敵する時代だということは重要です。
望み通りの仕事を得ることが難しい情勢になっており、転職希望者も新卒者も苦しい職探しを強いられています。

1990年代のバブル崩壊後の就職活動に並ぶほどの有効求人倍率の低さが、今の情勢の苦しさを物語っています。
高卒や中卒にとっては職探しも楽ではなく、再就職も順調ではありません。
求人雑誌やハローワークを訪れても正社員の募集は極めて少なく、パートタイマーや派遣労働のような非正規雇用でないと見つからないほどです。

ただし、使える社員を会社が求めているという事象に変わりはありません。
ハードルが高くはなりましたが、求人は必ず存在してはいるのです。
いかに自分の能力と企業の希望とがマッチするかで、就職に対する環境が変わってきます。

就職することでどのような環境を求めているのか、特に新卒者は求人を選ぶ時には自分の希望について考えてみてください。
転職の場合も自分の経験やスキルにこだわらず、新たな分野も含めて仕事を探してみることで就職先の選択肢が広がります。
妥協したくない希望がある人もいますが、そういった場合は目標に到達できるようスキル磨きに取り組むことも重要です。

資格を取ったり、学校に通いなおして求人に対して幅広く対応することで、新たな就職先を手に入れる人も実際に大勢います。
TAG :
就職氷河期
転職
求人情報
仕事探し

円満退職をするために気をつける段取り

何をすれば、円満退職ができるものでしょうか。

退職には1カ月~3ヶ月は余裕を見てください。
その間に引き継ぎや業務分担を行うことになります。
業務を引き継ぐ人と共に、客や付き合いのある会社の相手にはあいさつをしてください。

余裕を見てあいさつ状を揃えることも大事です。
会社や周囲の人たちに対して誠実な態度で臨むことが円満退職では欠かせません。

退職願の専門用紙が作ってある会社も多いようです。
円満退職をするためには、会社の方法に従った退職願の書き方をするといいでしょう。
黒の万年筆かボールペンで書きましょう。
特定の用紙がないなら、白いたてがき便せんが定番です。

退職願をきちんと作成することも重要です。
代表者や社長名を「殿」をつけて宛名にしてください。
その際、くれぐれも名前を間違えないように。

もしも退職の理由がネガティブなものだとしても、退職届けの退職理由欄は一身上の理由といった穏やかな内容に留めます。

保険証や名刺などの貸与物は全てきちんと返します。
会社の経費で配給されたものは、持ち帰らないようにします。
会社に属していたときに着用していた制服や作業服はクリーニングに出してから返却するのが常識といわれています。

離職票は、退職する時に会社から受け取ることになる書類です。
間違いなく退職をした証明をするものであり、雇用保険失業給付のために提出しなければなりません。

すぐに再就職先に勤務し、失業手当が必要ないという場合は使わないかもしれません。
離職票の他、会社からもらっておかなければならない書類に源泉徴収票があります。

いくつかのポイントに気をつけることで、円満退職をなし遂げることが可能です。
TAG :
退職

円満退職の方法

会社の負担となるような退職は避け、円満退職をしましょう。

仕事を辞めたいという意向は、すぐ上の上司に伝えます。
飛ばしてもっと上の人に言っては、上司に迷惑がかかります。
すぐ上の上司にまず真っ先に退職の希望を述べることが波風を立てないポイントです。
その人が退職をすんなり認めなかった時などはもう1つ上の人に行きます。

退職という希望が通ったら、上司や関係者を交えて具体的な退職までの段取りについて話し合います。
仕事の引き継ぎ新しい業務分担、関係会社へのあいさつなど、1つ1つの内容をきちんと終わらせていくことです。

会社と折り合い良く退職するには、始めに上司に言う時になごやかに話を持って行けるかどうかが大事です。
なるべく話がおお事にならないように、上司に時間を作ってもらって切り出します。

なぜ退職をしたいのかと言われても、会社への不満や社内の人に対する悪口は口にするものではありません。
もしかしたら、退職しないで欲しいと止められることもあります。
ですが、次の勤め口が決まっているという時は初志を貫徹しましょう。

円満に退職できず会社とトラブルが起きたために損害賠償を取られた例もありますので、できるだけ円満退職をしましょう。
1か月後に退職する旨を上司に伝えたところ、納品までに1か月なので退職を延ばすように説得されました。
その時は、会社の要求を全く聞かず、自分の希望を優先して退職をしたのですが、結局会社は納品が間に合わず損害が出てしまいました。
会社側は損害が生じたのは社員の無理な退職にあると考えて、損害賠償請求をしたそうです。

会社との話し合いが充分でないにもかかわらず退職をしたために、双方ともに大変な目にあってしまったわけです。
できるだけ円満退職をしましょう。
TAG :
円満退職

円満退職のポイント

円満退社のポイントについて調べてみました。

一口に退職といっても、いろいろな退職があります。
退職の理由では定年の年齢になったからというものもありますが、会社都合や自己都合での退職も珍しくありません。

以上の2つの範疇に属しませんが、円満退職という言葉があります。
退職を知らせる葉書を受け取った時に、『円満に退職をしました』というフレーズが書かれている場合があります。
周りと軋轢を生じずに退職できた状態が円満退職です。

円満退職を目指すには、周囲の様子を見極めながら、早い段階から退職に向けて取り組むことが必要になってくるようです。
就業規則を守って行うべきことも、円満退職のためにはあります。

退職の理由が、社内の付き合いに関わることや、会社の待遇への不満だったという人もいます。
強引や退職や、恨みつらみが出るような退職の形を取ると、どこかで損をする場合もありますのて、どうせ辞めるなら八方丸く収まるような退職を目指しましょう。

トラブルを起こさずに円満に退職をするには、社内の付き合いの他にも家族や取引先の理解が得られるような退職のスタイルを取れるように心がけることが大事であるといえます。
会社も周囲も納得するような円満な退職を目指す場合は、一両日ちゅうの退職を求めるような、唐突な話はしないようにしてください。
退職したいという希望を伝える時は、1ヶ月~3ヶ月先の話として、直接の上司に言うという形を取るとトラブルが減らせます。

円満退職のポイントとして覚えておきましょう。
TAG :
円満退社
退職

ハローワーク利用の利点

ハローワークの求人の利用メリットについて。

民間の人材紹介会社の他に、仕事探しによく使われる職業斡旋機関として公的機関のハローワークがあります。
民間の人材紹介会社は、クライアント企業の依頼に応じて求人情報を転職希望者に紹介しています。

得意業種や公募方法などは、人材紹介会社によって特徴があります。
どんなところか登録前に調べることが重要でしょう。

人材紹介会社とは反対に、幅広い業種や職種の求人が集まっているという利点がハローワークにはあるといいます。
地域密着型とも呼ばれるハローワークの求人情報は、地元地域の求人情報がたくさんあるといいます。

求人情報を提供する企業側も、ハローワークは求職者だけでなく、無料で利用することが可能です。
人材を必要とする時に、多くの企業がハローワークを利用するようになってきました。
民間の人材紹介会社や求人雑誌の情報と比較すると、圧倒的に求人情報の数は多いので、仕事が探しやすいというメリットがあります。
分からないことがあれば、就職活動について窓口で相談をすることもできるでしょう。
希望条件に近い仕事を探してくれたり、直接は交渉しにくい年齢制限などの条件についても、相談窓口を活用すれば会社側に話をしてくれることもあるようです。

ハローワークなら、面接を受けて不採用の場合でも、職業を何度でも提案してもらえます。
ハローワークで求人を探すことは、根気強く就職活動するための手助けになってくれます。
TAG :
仕事探し
ハローワーク

ハローワークの求人情報の探し方

求人情報ハローワークで検索する場合には、主にパソコンのタッチパネルで行うそうです。

ハローワークが管轄している地元の地域だけでなく、近隣エリアの求人情報も公開されています。
そのために広い地域での仕事をも探すことができます。

ハローワーク求人情報は、毎日更新されます。
希望の求人がなくても、何日か根気よく検索し続けることで自分が探している求人にめぐり会える可能性もあります。

細かい条件を、所在地や職種、賃金や休日などで指定しての検索がハローワークで行うことができるそうです。
自分の希望の条件に合っている求人がヒットすれば、求人一覧の閲覧をすることができるのです。

条件を細かく設定しすぎて検索すると、ヒットがなかなかしないこともあるでしょう。
ヒットしないときは、例えば事務職を検索する場合、一般事務だけでなく総務事務・経理事務などの事務職に関連する項目も合わせて検索すると、求人項目の枠がかなり広がります。

ハローワークで仕事探しをする場合、検索して求人情報が少なかった時は、検索条件の幅を広げて再検索をしてみることをおすすめします。
パソコン操作がハローワークの求人検索では主体ですが、職員にわからない部分は聞いてみるようにしましょう。

希望する職種によって決まっているのが、産業分類番号というものです。
番号を聞いて検索をすることで、結果がすぐに出るでしょう。
ある程度職種が決まっている人の場合は、希望職種のハローワークの求人について的を絞って調べることができるのでとても便利だといえるでしょう。
TAG :
ハローワーク
求人情報

派遣の仕事と求人について

派遣仕事と求人について。

なかなか自分に合った求人が、仕事をしたくても、見つからない人もたくさんいるのではないでしょうか。
人材派遣会社に登録してみるのも、仕事が見つからないときには、良い方法かもしれません。
いままで多くの派遣仕事は専門的なITやコンピューター関連などものでも、一時的に人材が必要な時だけという求人だったようです。

最近ではさまざまなジャンルで派遣仕事の求人を、法改正により見つけることが可能になりました。
秘書をはじめ、事務系の仕事が、派遣の求人の場合はたくさんあります。
賃金形態の違いから、工場などで働く人を正社員ではなく派遣社員でまかなっている企業もあり、製造業の場合は求人の数も年々増加しているようです。

人間関係のわずらわしさを気にしなくてもいいというメリットも、派遣の雇用は最長でも3年なのであるのではないでしょうか。
自分の働きぶりにより、賃金の単価を上げることができるのもとても魅力的です。

逆に言えば、また仕事を3年以内にその派遣先の会社に直接正社員として雇用されなければ、決めなおすということになります。
なかなか安定した職に就けないといったデメリットもあります。

人材派遣会社は、新しい仕事を紹介してくれるので、仕事内容にこだわらなければ長期間に渡って失業しなくて済みます。
TAG :
派遣
仕事
求人情報
仕事探し
インターネット

福祉の仕事と求人について

どんな求人が福祉の仕事にはあるのでしょうか。

実は常に人手が足りない職種や仕事も、就職難と言われながらもあるのです。
特に医師や看護師など、医療機関にかかわる仕事はその人手不足が社会問題にもなっています。

介護保険の導入後需要が増え、福祉や看護関係の求人は、実際に非常に多いといいます。
薬剤師は、増えているドラックストアの関係から常に求人情報雑誌や、求人広告、ハローワークなどで見つけられます。

求人の中でもホームヘルパーは、パートやアルバイトという形でもあります。
主婦など子育ての終わった人は、空いた時間に家庭を優先にしながら仕事ができるというのもメリットです。

ケースワーカーや介護福祉士などは、資格が必要な仕事になります。
大学の中でも福祉系を卒業しなくてはできないと思われがちですが、資格を専門学校や通信教育などで学んで所得する人もいるそうです。
近頃の求人では、資格取得の補助を働きながらしてくれるところもあり、企業側も人材確保のために努力しているようです。

福祉の仕事のイメージは、賃金が安い割には重労働というものですが、悪循環で人手が足りないから仕事がきつくなっているのかもしれません。
国を挙げて、法改正で賃金を引き上げるなどの人材確保も最近では検討されており、求人は増加しているそうです。

はじめれば人に感謝され、やりがいのもてる仕事にもなるのが、福祉の仕事というものです。
積極的に仕事の求人の多い福祉の仕事に、イメージにとらわれずチャレンジしてみるのもおすすめです。
TAG :
仕事探し
転職
就職
福祉

便利な求人募集方法

求人情報誌を発行していたリクルート社は、リクナビという求人情報サイトを運営してます。
インターネットで登録された求人情報を検索できるハローワークインターネットサービスを、ハローワークは展開しているといいます。

インターネットの中には、各企業の自社サイトに掲載された求人募集情報を、求人募集の登録を受け付けた情報に加えてロボットで集める検索エンジン型の無料求人募集サイトも見つけることができるでしょう。
求人募集の情報が100万件、30万件など大量の求人募集データベースを保有しているところもあります。
ライターやデザイナーなどの専門的なスキルを持っている人専門の求人募集情報サイトも、最近では見つけることもできます。
いろいろと便利な機能が、求人情報サイトにはあるので活用しましょう。

単に求人募集要項や案件を閲覧できるだけではなく、求人サイトの中には自分がどのような能力を持っているのかを説明した情報を登録する機能を持っているものが増えています。

企業側が求人情報を発信するだけではありません。
求職者側も自己PRなどの情報を発信できるようになっているのです。

一方通行の情報伝達だったのが、従来の求人広告です。
求人企業と求職者がそれぞれの情報を発信し、双方の情報を確認できる便利な仕組みが、インターネットの普及によって出来上がったのです。
求職活動をしている人と、求人募集をしている企業や団体とがお互いに情報を発信しているといえます。

相互の情報発信での求人を可能にしたのは、インターネットの普及です。
TAG :
求人情報
インターネット
仕事探し
このページのトップへ
結婚
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。