スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事探しはどこで

仕事探しを今スタートするとしたら、なにから始めますか。

ハローワークや新聞の折り込み広告から求人を探すのが以前の姿でしたが、この頃はインターネットの依存度が高いようです。
新聞の求人広告欄や折り込みちらしの求人に応募する場合は、すべての準備を自分で行わなくてはなりません。

履歴書作成や相手企業への電話連絡はもとより、採用条件や待遇に関する話し合いも全てしていました。
就職活動をしている人の多くは、雇用を希望する会社に対して要求ごとを持ちかけることはやりにくかったようです。

仕事探しに役に立つのが、人材紹介会社を介した就職活動でしょう。
実際に利用したことはなくても、ハローワークの存在は広く知られているようです。
ハローワークとは国の職業斡旋機関で、公共職業安定所のことです。
雇用機会の安定供給を目的としており、タダで活用することができる機関です。

ハローワークが取り扱っている内容について広く知られているものは、会社からの求人情報を受け付けて仕事を探している人に紹介することがあります。
仕事探しの仲介所の役割を担っているわけです。

転職エージェントや人材バンクという、仕事探しのマッチングを担う民間の人材紹介会社もあり、多くの人が利用しています。
仕事探しをするにあたり、紹介所を利用すればいろいろとメリットもあるようです。
スポンサーサイト
TAG :
仕事探し
ハローワーク

就職の面接対策について

就職活動では筆記の次には面接試験があるので、面接対策について説明しましょう。

就職活動で面接試験が行われるのは、筆記や書類審査だけで見えないところを直接顔を合わせることで知るためです。
1対1もしくは集団面接にしても、どんな質問が来るか分りません。

面接試験では、いざその場所に立ったらあがってしまって返済に詰まったり、答えないがない質問を受けてしまったりすることがあります。
様々な質問がされる可能性が面接ではあります。

面接の中には、わざと解答しづらいことを聞いて反応を見たり、相手に威圧的な態度を取ってみるという面接官がいることもあります。
言われた方は何ともいえない気持ちになる場合もありますが、相手は知っていてやっていることもあると覚えておきましょう。

面接試験の対策として有効な方法としては、面接で聞かれる定番の質問を事前に調べてどう答えるか決めておくということがあります。
一般的な質問から難しい質問まで想定問題などを作って、就職活動対策にすると良いと思います。

グループ面接では、リーダーシップやチームワーク、協調性などを見るために行う事が多いようです。
ディスカッションを通して意見をまとめるという形式が少なくありませんので、自分の言いたいことをコンパクトにまとめましょう。

対策の立て方としては、共に就職活動をしている知り合いに声をかけてディスカッションを試してみてもいいでしょう。
面接を制するものが就職活動の勝者になるといっても過言ではありません。
面接対策は慎重に、十分に時間をとってする事が就職活動においては大切です。
TAG :
面接
就職

就職試験対策について

就職活動と筆記試験対策についてです。

筆記試験は、就職活動時に書類審査の次に行う、最初のとっかかりの試験です。
筆記試験は、多くの会社で就職試験の第一関門です。
多人数が応募してきた場合、効率よく人数を絞るにはとてもいい方法です。

求人情報サイトは、就職活動に取り組む新卒者のための情報サイトです。
筆記テストの内容は面接時の資料などになって、就職採用者が決定されます。

筆記試験の対策では、まず基礎学力はコツコツとしたこと積み重ねです。
特に時事問題は、普段から新聞を読んだりニュースに関心を持つなどして、知識を深めているかどうかが鍵となるでしょう。

現在の社会的情勢についての小論文を求められても、自分の言葉で書けるくらいにはしておきましょう。
就職活動をしている時でも、時流に関心を持っているかどうかが筆記試験では測られます。
やはりタイムリーな事をきかれる事が多く参考書などはないので、新聞やニュースなどをみて知識を広げる事が一番の対策になります。
就職活動はいろいろと忙しいと思いますが、質問にまったく答えられないような事にならない対策として一面や社説ぐらいは読むようにしましょう。

学力テストや適性テストでは、性格診断と国語や算数の基礎テストなど、難易度は高くなくても広い範囲から出題されることが多いようです。
就職活動用の問題集なども出ているので、ある程度慣れていることが試験対策になります。
TAG :
就職試験
転職活動

インターネットでの就職活動

就職活動にインターネットを利用する場合、求人サイトを閲覧するか、企業サイトの求人応募を確認してください。

採用されたい企業に目星がついているなら、その会社のサイトから求人情報を確認してください。
企業ホームページならばその会社の業務内容や取引先など詳細な情報がありますので就職活動に有益です。

就職活動中の新卒者に情報提供をするサイトが、求人情報サイトとなります。

採用試験を受けるまでの申込み手続きに、就職情報サイトからの登録が含まれる企業もあります。

新卒者の就職活動をサポートする大手の情報サイトでは、新卒者が入社する年毎に分かれてサイトが作られています。
今年度採用の新卒サイトと、来年度採用の新卒サイトの2つが同時運営されていることも珍しくありません。
自分はいつの年度の新卒者に当たるのか、間違いはないか調べてからサイトを使いましょう。

本格的な活動は大学3年生の10月くらいです。
9月まではプレ版やインターンシップという名で、見学会の開催情報の提供などをしています。
新卒者の就職活動をサポートするサイトは、情報提供の他に企業説明会への申込み受付や、エントリー活動ができます。

説明会もエントリーも就職活動を成功させるには重要なものですので、積極的に利用していきたいところです。
TAG :
就職
転職活動
インターネット

就職活動で情報収集の重要性

就職活動では情報を効率良く集めることです。

就職活動とは、職を得るためにあちこちに働きかける活動のことです。
自営業や会社をおこすための活動や、既に職にある人の活動と区別されます。

学生や失業者、フリーターなど正規の雇用がない状態にある人が、正規雇用をされるための活動になります。
膨大な量の求人情報を効率良くチェックしていくことが就職活動では欠かせません。

近年ではそのための手段としてネットが活躍しています。
以前は、求人を探す時は有料求人雑誌が定番でしたが、最近は状況が変わりつつあるようです。
ハローワークや人材紹介会社のインターネット求人情報サービスだけでなく、新聞や求人情報誌、フリーペーパーからも求人は探せます。

何を使って求人情報を手に入れるかで、業種や雇用条件、仕事内容は差が出ます。

地方紙や専門誌は、幾つかの系統に特化した求人情報が多いようです。
反面、新聞の求人や総合誌は広く様々な求人情報が掲載されています。

就職情報誌は掲載件数が多く、業種ごとに求人が分類されています。
待遇の検討などがしやすく、大手やベンチャー企業が多く掲載されています。

インターネットでは、企業のホームページや人材情報サイトから求人情報が確認できます。
ネットの検索機能はどんな求人情報が欲しいのかに合わせて情報を選択できるので、効率の良い就職活動ができるでしょう。
TAG :
情報収集

iターン転職の注意点

転職iターンを選ぶ人が増えていますが、iターンは利点も欠点もあります。

一度はiターン転職を果たしたものの、結局田舎暮らしがうまくいかず都会に戻ったという方もいます。
地方暮らしはメリットもたくさんありますが、リスクもあります。

また、転職活動がうまくいかないこともあります。
地元で暮らしている人物に働いてもらいたいという会社も少なくないようです。

また、採用試験を受けるための移動費もかかります。
今いる場所から離れた地域を希望すればそれだけ、転職活動も大変です。

地方会社と都会の大企業とでは求人の内容にも違いがあります。
地方の会社は中小企業が多いため、様々な分野にまたがるスキルの保有者の方が有利かもしれません。
転職希望の仕事の内容によっては、なかなか再就職ができないこともあります。
iターンをするために未知の土地に引っ越したにも関わらず、なかなか仕事が決まらないという方もいるようです。

また、地方では地方ならではの不便があります。
映画館や美術館が少なかったり、情報や物流には格差があります。
その地域ならではの価値観や近所づきあい、ものの考え方のズレなども起きてしまいます。
自分は問題なくとも、家族がiターン先に馴染めないという可能性もあります。

これまで馴染みのない土地で新たな生活を開始するiターン転職の注意点は頭に入れておいてください。
TAG :
iターン
転職

iターン転職の選択理由

転職をする際に、iターンの道を選ぶ人は少なくありません。

働き方も多様化しつつある現在、一流企業で出世街道を上りつめるという生き方以外のありかたを求める人が増えています。
自分の望む生き方は何か、画一的なものではなくなっているのです。

転職iターンで行う魅力は何でしょう。
スモッグに汚されていない大気や澄んだ水、緑豊かな自然など、田舎には田舎にしかない豊かさがたっぷり眠っています。
長時間電車に揺られて出勤することもなければ、途方もない人混みも滅多にありません。

最近は優秀な人材を確保したい地方企業や自治体がiターン転職をバックアップしており、受け入れ制度を充実させつつあります。
地方の企業では、iターン転職を受け入れるため東京や大阪で積極的に会社説明会を開いているところもあります。

生活にかかるコストが安いことや、住居費用が安く済むこともメリットです。
庭のある住まいが持ちたいという人でも、地方の土地価格であればできないことではないでしょう。
子どもにとっても、家々が四季豊かな環境にあれば自然と触れ合う生活ができますし、キャンプや山登り、スキーなどのスポーツもできるようになります。

iターン転職の魅力的なこととしては、自分の周りを1からやり直すことで、今後こそいい生き方を目指せるという点もあります。
TAG :
iターン
転職

iターン転職について

生まれ育った故郷とは違うところに転職をすることがiターン転職です。

地図上ではアルファベットのiになることからiターンの名称がつきました。
もっとも、戻るという要素がため、ターンという言葉を使うには少々語弊があります。
都会に出た人が故郷に戻るUターンから派生した言葉なのです。

性質上、都市部から地縁のない地方への転職という意味が強いようです。
jターンはiターンとよく似てこれまで縁のないところへの転職ですが、移動経路が少々違います。

iターン転職を行った人の大半は、仕事のキャリアアップを特に望んではいません。
ゆとりのあるライフスタイルや自然の中の心豊かな暮らしに魅力を感じたという人が多いようです。
分刻みのスケジュールの中、物価の高さに悩みながら日々の生活を送っているという都会の人もいます。

以前は、会社に勤めながら遠く離れた田舎の転職活動をすることは大変でした。
最近はインターネット環境が整ってきたことから、地方の求人情報も入手しやすくなっています。
とはいえiターン転職は軽い気持ちでできるものではなく、覚悟も必要です。

家族のサポートやきちんとした準備がなければ、iターン転職はできないでしょう。
TAG :
iターン
転職
インターネット

就職試験の面接対策

担当者に好印象を抱いてもらい、会社に雇いたい人物だと思わせることが、面接対策では目指すところです。

ただし、採用担当者も数多くの応募者を見ています。
こちらが答えにくいような質問を投げかけてくる人も少なくありません。
とっさに答えられず気まずくなってしまうような事態も、時にはありえます。

新卒者の就職活動では、場数を踏んでいないのに本格的な面接に出なければならないことも多く、言葉に詰まってしまうこともよくあります。
面接対策本が毎年よく売れているという事実も、面接対策を必要としている人が多いことを物語っています。

インターネットでは面接対策をまとめたサイトもあり、学生の間で人気があります。
就職者向けのサイトでは、試験の経験者が面接の内容や具体的な対策法を口コミなどで書き込んでいます。
事前に目を通しておくと就職活動の方向性がガラリと変わるような面接対策方法もあり、知識を持っているかどうかが就職を制することもあります。

けれども、会社側も面接対策に対する対策は行っていると考えていいでしょう。
時にはプロのコンサルタント会社の職員に面接の場にいてもらって質問を任せる企業も存在します。
面接などの対策本などによく書かれている内容は、すでにお見通しです。

違った角度の面接試験を行うこともよくあるようです。
面接とは過度に自分を誇張したり、面接官を騙すための場所ではなく、自分をストレートにアピールする場です。

本質的な面接対策とは、素の自分をストレートに相手に提示し、それを評価してくれる会社を選ぶことともいえます。
TAG :
就職試験
面接

就職試験の面接対策

面接の対策が、就職試験で合格するためには最も重要だと言われています。

求人を出した会社側も、面接という短い間でいかに相手のことを見極められるかに多大な関心を持っています。
共に働く仲間となれる人物を判断しなければなりません。

面接では、応募者が試験官と直接あって色々な質問を受け、それに答えていきます。
就職試験面接に対する対策が全くできていないと、面接の当日に自分がうまくアピールできません。
不本意な結果になることも考えられます。

就職だけではなく今では、学校の入学試験でも面接試験を行うところが増えています。
幼いうちから人に対する接し方などを学ばせ、面接試験などの対策も見込んで少しずつ行っている家庭もあるそうです。

面接で定型文通りの答え方をしていると、理想像を演じているだけのようにも見えます。
いつもどのような態度で相手に接しているか、言葉遣いに問題がないかなどが面接の場で活きてくることもあるといいます。

企業ごとに面接のやり方は異なっており、個人面接や多人数での面接などがあります。
自分1人に対して試験官は何人もいる場合があり、精神的なプレッシャー度合いも異なります。
担当者からどのような質問をしてくるかは企業毎に大きく違っていますので、対策といっても簡単ではありません。
特に新卒者に対する面接試験は一流企業ほど優秀なライバルも多く、いかに面接の対策を行うかで合否にも深く影響します。
TAG :
面接
就職試験

就職の面接で質問内容は

就職試験の中でも面接試験は特に重要です。

会社の方もじかに応募者と顔を合わせることにより、どんな人物かを多角度からチェックします。
これを言えば面接では正解となるというものは存在しません。
答えがある筆記試験と違い、面接では企業側の需要とこちらの提示するものの一致点を探せるかどうかです。
面接の内容や聞かれることは企業によって様々ですが、面接の傾向としては近いものがあるので覚えておきましょう。

自己紹介は単に自分のプロフィールを述べるだけでなく、アピールの場です。
制限時間が設けられている場合が多いようですが、2分なら2分の中で何を言いたいか、あらかじめ決めておくといいでしょう。

志望理由は、面接試験でなぜうちの会社に入りたいのかを問われることがよくあります。
同業の他社ではなくこの会社を選択した理由はどこにあるのか、わかりやすく説明して欲しいと言われることもあります。

今まで行ってきた仕事内容や転職の理由について面接で聞くのは、中途採用者に対しては定番ともいえます。
ネガティブな理由ではなく、前向きなやる気のある理由で転職をするということを面接でアピールできるかがカギです。

採用試験を通過するには、面接の場を通して一緒に試験を受ける人より頭1つ出なければなりません。
面接を成功させ、無事に採用を勝ち取るためには、素の自分を上手に出して採用担当者に自分を売り込むことが重要です。
TAG :
就職
面接
就職試験
このページのトップへ
結婚
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。