スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

円満退職のポイント

円満退社のポイントについて調べてみました。

一口に退職といっても、いろいろな退職があります。
退職の理由では定年の年齢になったからというものもありますが、会社都合や自己都合での退職も珍しくありません。

以上の2つの範疇に属しませんが、円満退職という言葉があります。
退職を知らせる葉書を受け取った時に、『円満に退職をしました』というフレーズが書かれている場合があります。
周りと軋轢を生じずに退職できた状態が円満退職です。

円満退職を目指すには、周囲の様子を見極めながら、早い段階から退職に向けて取り組むことが必要になってくるようです。
就業規則を守って行うべきことも、円満退職のためにはあります。

退職の理由が、社内の付き合いに関わることや、会社の待遇への不満だったという人もいます。
強引や退職や、恨みつらみが出るような退職の形を取ると、どこかで損をする場合もありますのて、どうせ辞めるなら八方丸く収まるような退職を目指しましょう。

トラブルを起こさずに円満に退職をするには、社内の付き合いの他にも家族や取引先の理解が得られるような退職のスタイルを取れるように心がけることが大事であるといえます。
会社も周囲も納得するような円満な退職を目指す場合は、一両日ちゅうの退職を求めるような、唐突な話はしないようにしてください。
退職したいという希望を伝える時は、1ヶ月~3ヶ月先の話として、直接の上司に言うという形を取るとトラブルが減らせます。

円満退職のポイントとして覚えておきましょう。
スポンサーサイト
TAG :
円満退社
退職
このページのトップへ
結婚
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。