スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

円満退職の方法

会社の負担となるような退職は避け、円満退職をしましょう。

仕事を辞めたいという意向は、すぐ上の上司に伝えます。
飛ばしてもっと上の人に言っては、上司に迷惑がかかります。
すぐ上の上司にまず真っ先に退職の希望を述べることが波風を立てないポイントです。
その人が退職をすんなり認めなかった時などはもう1つ上の人に行きます。

退職という希望が通ったら、上司や関係者を交えて具体的な退職までの段取りについて話し合います。
仕事の引き継ぎ新しい業務分担、関係会社へのあいさつなど、1つ1つの内容をきちんと終わらせていくことです。

会社と折り合い良く退職するには、始めに上司に言う時になごやかに話を持って行けるかどうかが大事です。
なるべく話がおお事にならないように、上司に時間を作ってもらって切り出します。

なぜ退職をしたいのかと言われても、会社への不満や社内の人に対する悪口は口にするものではありません。
もしかしたら、退職しないで欲しいと止められることもあります。
ですが、次の勤め口が決まっているという時は初志を貫徹しましょう。

円満に退職できず会社とトラブルが起きたために損害賠償を取られた例もありますので、できるだけ円満退職をしましょう。
1か月後に退職する旨を上司に伝えたところ、納品までに1か月なので退職を延ばすように説得されました。
その時は、会社の要求を全く聞かず、自分の希望を優先して退職をしたのですが、結局会社は納品が間に合わず損害が出てしまいました。
会社側は損害が生じたのは社員の無理な退職にあると考えて、損害賠償請求をしたそうです。

会社との話し合いが充分でないにもかかわらず退職をしたために、双方ともに大変な目にあってしまったわけです。
できるだけ円満退職をしましょう。
スポンサーサイト
TAG :
円満退職
このページのトップへ
結婚
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。