スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

円満退職をするために気をつける段取り

何をすれば、円満退職ができるものでしょうか。

退職には1カ月~3ヶ月は余裕を見てください。
その間に引き継ぎや業務分担を行うことになります。
業務を引き継ぐ人と共に、客や付き合いのある会社の相手にはあいさつをしてください。

余裕を見てあいさつ状を揃えることも大事です。
会社や周囲の人たちに対して誠実な態度で臨むことが円満退職では欠かせません。

退職願の専門用紙が作ってある会社も多いようです。
円満退職をするためには、会社の方法に従った退職願の書き方をするといいでしょう。
黒の万年筆かボールペンで書きましょう。
特定の用紙がないなら、白いたてがき便せんが定番です。

退職願をきちんと作成することも重要です。
代表者や社長名を「殿」をつけて宛名にしてください。
その際、くれぐれも名前を間違えないように。

もしも退職の理由がネガティブなものだとしても、退職届けの退職理由欄は一身上の理由といった穏やかな内容に留めます。

保険証や名刺などの貸与物は全てきちんと返します。
会社の経費で配給されたものは、持ち帰らないようにします。
会社に属していたときに着用していた制服や作業服はクリーニングに出してから返却するのが常識といわれています。

離職票は、退職する時に会社から受け取ることになる書類です。
間違いなく退職をした証明をするものであり、雇用保険失業給付のために提出しなければなりません。

すぐに再就職先に勤務し、失業手当が必要ないという場合は使わないかもしれません。
離職票の他、会社からもらっておかなければならない書類に源泉徴収票があります。

いくつかのポイントに気をつけることで、円満退職をなし遂げることが可能です。
スポンサーサイト
TAG :
退職
このページのトップへ
結婚
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。