スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

就職氷河期について

求人で意識するのは、就職氷河期という単語です。

求人に関わる人にとって、今は就職氷河期に匹敵する時代だということは重要です。
望み通りの仕事を得ることが難しい情勢になっており、転職希望者も新卒者も苦しい職探しを強いられています。

1990年代のバブル崩壊後の就職活動に並ぶほどの有効求人倍率の低さが、今の情勢の苦しさを物語っています。
高卒や中卒にとっては職探しも楽ではなく、再就職も順調ではありません。
求人雑誌やハローワークを訪れても正社員の募集は極めて少なく、パートタイマーや派遣労働のような非正規雇用でないと見つからないほどです。

ただし、使える社員を会社が求めているという事象に変わりはありません。
ハードルが高くはなりましたが、求人は必ず存在してはいるのです。
いかに自分の能力と企業の希望とがマッチするかで、就職に対する環境が変わってきます。

就職することでどのような環境を求めているのか、特に新卒者は求人を選ぶ時には自分の希望について考えてみてください。
転職の場合も自分の経験やスキルにこだわらず、新たな分野も含めて仕事を探してみることで就職先の選択肢が広がります。
妥協したくない希望がある人もいますが、そういった場合は目標に到達できるようスキル磨きに取り組むことも重要です。

資格を取ったり、学校に通いなおして求人に対して幅広く対応することで、新たな就職先を手に入れる人も実際に大勢います。
スポンサーサイト
TAG :
就職氷河期
転職
求人情報
仕事探し
このページのトップへ
結婚
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。