スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少ない求人の大きな理由

有効求人倍率は横ばいで、就職難の時代はなかなか終わりそうにないですが、その理由は不景気以外にもあります。

会社と社員の関係が過去のものと違ってしまったこともあるでしょう。
1度雇用されたら定年退職まで勤めるのが昔は当たり前でしたが、今は違います。

正社員の働き口が減少した要因としては、派遣労働の増加があるようです。
かつては、工場のような製造業では、派遣社員の労働は認められてはいませんでした。
正社員の雇用数が減少したのは、派遣社員に関する条件が緩和されたことにより多くの企業が派遣社員を雇用したことが関わっています。

海外ヘの仕事の委託も日本での就職を少なくしている原因の一つです。
企業はコスト削減のため、より賃金の安い海外に仕事の一部を委託し、人件費を削減するように努めています。

コンピュータの導入により、仕事が効率化されたことも求人を少なくしている一因です。
仕事の機械化は、人間自体の必要性をどんどんなくしています。

労働人口の中で多くを占めていた団塊の世代はそろそろ一斉退職の時期を迎えますので、それに比して求人数も増えている面もあります。
新規分野に乗り出そうとしている会社も多いので、求人数は多くないとはいっても、新たな人材は常に求められています。
実際常に求人がある会社と、就職先として人気のある分野では大きな偏りがあるのも事実です。

就職に対する新たな見方が、今の求人減少や就職難を克服するカギになるともいえます。
スポンサーサイト
TAG :
仕事探し
就職
求人情報
就職難
このページのトップへ
結婚
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。