スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

就職には筆記試験と面接が

就職活動をする上で、面接はほぼ通らなければならない関門です。

筆記と面接の二本立てであることが多いようです。
新卒者採用試験を定期的に行っている会社では、筆記試験面接試験を組み合わせて2次試験、最終試験等と何度か行っています。

1回の採用試験で採用を決める企業を希望するという新卒者もいます。
採用する側の企業も、有能な人材を見極めるために採用試験の内容に頭を悩ませているところも多いようです。
筆記でのテストを行う会社でも、計算問題や漢字問題など一般常識的だけでなく、適性検査をするところもあります。

企業の人間と就職希望者が話をすることで、どんな人なのかじっくり見極めるのが面接です。
グループ面接や、1人1人が呼び出されて順番に面接をするというパターンもあります。
就職する側もいわばライバルが多いわけですから、面接試験は絶好のアピールの場です。

面接での印象はとても重要です。
筆記試験は基本的なことを確認して不合格者を決めるための試験です。
最終的に雇い入れる人を決めるための試験が面接となります。

就職活動の成否は面接にかかっているともいえます。
新卒者を採用する時に求めるポイントと、転職者の採用で求めるポイントは自ずと違います。
就職試験の面接では、自分自身を会社に対してどう売り込んでいくかという姿勢が大事であり、学業での試験と違って正解を求めるものではありません。
スポンサーサイト
TAG :
面接
筆記試験
就職試験
このページのトップへ
結婚
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。