スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

求人広告の真実

仕事を探すときに、求人広告を見ると思いますが、気をつけなければならないことがあります。

労働基準法に関する問題の中でも、求人広告の内容と実際の仕事や待遇が違うというのは比較的よくあるトラブルです。
ほとんどの求職者は月給30万円と求人広告に書いてあると、当然それだけの給料がその会社に就職すればもらえるものと期待してしうのではないでしょうか。

事実として求人広告の内容は、あくまでも見込みだということがあることをきちんと理解しておきましょう。
求人企業側にしてみても、これから採用する人がどんな経験をしてきて、どんな仕事ができそうかなど、採用予定の人材についてある程度のことが分からないと、正確な給与の金額が計算できないのは仕方ないことなのです。

さらに仕事内容に関しても、任せられる仕事は、求職者の経験や能力によって変化するものです。
それによっても給与に差が出てきます。
採用基準に求職者の能力が満たなくても、今まで未経験の仕事に就く時に、意欲と将来性に期待して採用してくれるということもあるといえます。
ある程度キャリアのある他の人より、経験を積むまでの間は、お互いの同意があれば、給料が安くても不当な採用条件だとは言えないでしょう。

とはいえ、求人広告に何を書いても良いというわけではなく、いくら見込みだからといってもいい加減な記載は違反です。
前もって、何かわからないことが、求人広告に表示されている内容についてあれば、質問しておきましょう。

そのことが、就職活動のために求人広告を見て失敗しないためには重要なことなのです。
スポンサーサイト
TAG :
求人広告
仕事探し
このページのトップへ
結婚
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。