スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

求人広告の確認

「月収30万円以上可能」などと書いてある求人広告をよく目にしますが、本当にそうでしょうか。

誰も達成しえないような理論上の金額が、求人広告の中には、給与が歩合制ということで、掲載されていることがあります。
少しでも疑問に思ったことは、あらかじめ必ず確認することが大切です。

給与が求人広告に表示されているものと実際には違うなんて、なんとも求職者にしてみれば困った話ではないでしょうか。
すぐに求人広告を出している広告会社に、もし面接や就職試験に行って、こんな求人企業に当たってしまった場合には苦情を言わなければならないでしょう。

必要があれば以後の求人広告の修正や中止を、広告会社も信用問題に関わりますから、調査を行ったあとで検討してくれるでしょう。

もしすぐに採用が決まり、雇用契約をして仕事を開始した場合には、労働条件にたとえ不満があっても、きっとすぐにその仕事を辞めるということは厳しいことでしょう。
面接に求人広告を見て行くという人は、労働条件を必ず確認しておきましょう。

給与のことを求職者の立場から言い出すのはなかなか難しいことでしょうが、気になる点は、採用後のトラブルを避けるためにも、質問しておくべきではないでしょうか。

重要なのは、契約書などで、採用通知をもらった後は必ず確認するということです。
実際の雇用契約の前ならいつでも断ることは可能であり、就職そのものを、もし細かいことを尋ねて採用担当者が嫌な顔をするような求人企業なら、考え直しても良いのではないでしょうか。
労働条件を、求人広告と実際とではで差がありすぎる内容で出すような求人企業は、体質や考え方自体に、もともと企業としての問題があるのかもしれません。

事実として、就職者は採用される側なので、立場は弱いかも知れませんが、会社を求人広告をもとに面接するつもりで、強い気持ちで挑戦することが必要なのです。
スポンサーサイト
TAG :
求人広告
就職
このページのトップへ
結婚
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。