スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

転職を有利にする資格

仕事に使える資格を取っておくことで、転職活動を有利に進めることができるのではないでしょうか。

転職先の人事担当者は必ず資格欄をチェックします。
希望職につながらない資格なら記入しない方が良いでしょう。

希望の業種に直接関係する資格ならたくさん書いてもいいですが、何も全部書かなければならないものではないようです。
全く畑違いの資格を数多く持っている人に対しては、採用会社側は、自分の会社をなぜ希望したのか不思議に思うこともあります。

簿記の資格を持っている人が営業になりたくて転職をしていたのに、結局、経理採用で就職することになったというエピソードもあります。

会社によっては、資格に挑戦するという姿勢そのものを積極性と表れと見なすところもありますので、たくさん書いた方がいいこともあります。
履歴書は、その会社が望む人物像や会社に役立てる人物像を書くところだと頭を切り換えるくらいがいいのかもしれません。

転職先の企業が求めているのは資格だけではないことも頭に入れておきましょう。
自己アピールは、資格だけでできるものではありません。
実務経験をどのくらい求められるかは企業によってまちまちです。

転職者にはやはり1~3年程度の経験を求める場合が多いようです。
相手企業がどういった資格保持者を求めているのか、どんな分野の経験者を必要としているかをあらかじめ知っておきましょう。
人事担当者が採用したいと考えている人物像をイメージできることが必要です。

資格を生かして転職を有利にするめることができると良いですね。
スポンサーサイト
TAG :
転職
転職活動
資格
このページのトップへ
結婚
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。