スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

博士号の高収入の求人について

大学院まで進めば高収入の求人も難しくないと言われていた頃もありましたが、最近では博士号があっても求人は困難です。

最近では、博士号を取得した方への受け皿として、民間企業へ一定任期を定めた研究員扱いでの就職を促進するという働きがあります。
任期を区切って大学などから研究員を招いた企業に対しては、文部科学省から助成金が出ます。

国の雇用対策として、任期付き研究員を増やしながら持参金で企業側の求人採用意欲を高める狙いの様です。
高収入の為か求人不足が指摘されているからです。

文部科学省が法人企業対象の助成事業を実施するのは珍しく、補正予算案にも計上したそうです。
1990年代、日本は研究人材を増やすために、大学院に特に力を注ぎ、多くの博士号取得者を輩出させるようにつとめました。
にも関わらず、期間限定での研究員の数は増しているものの、雇用される博士号所有者は増加していません。
技術関係の業種の中で博士号を持つ人は数%止まりということで、雇用の枠も広がってはいないようです。

高収入が確約されているような印象がある博士ですが、実体は、普通以上に求人を頑張らなければならないという状況です。
博士号を取得するまで大学院にいると就職は大変かもしれませんが、雇用先が決まればそれなりの高収入が保障されます。

高収入を手にするためには、事前に下調べや仕込みをしておくことが大事です。
求人情報から高収入の仕事を得ることで、結婚や住居なども夢が広がっていきます。
スポンサーサイト
TAG :
博士号
高収入
大学院
就職
転職活動

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

このページのトップへ
結婚
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。