スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公務員の仕事内容について

経済情勢があまりよくない時代が続く中、安定感があり堅実なイメージがある公務員の仕事内容に人気が集まっているようです。

仕事の内容としては、公務員といっても色々なものがあるようです。
公務員とは、国や地方に雇われている人です。
公務員とまとめて呼称されてはいますが、公務員は仕事の内容で2種類に大別されます。

国家公務員地方公務員です。
国家公務員もその中には種類があり、特別職と一般職とに分けられます。

特別職とは大臣、副大臣、裁判官、裁判所職員、国会職員などです。
特別職を除いた公務員が一般職で、一般府省での勤務となります。
水道やガス事業や、管理事務関係の職員などを指しています。
一般職や特別職の例としてあげられた仕事からもわかりますが、公務員には多くの職務内容があり、内容も多岐に渡ります。
公務員といっても、様々な種類の業務があることがわかるでしょう。

地方公共団体で働く人を地方公務員といいますが、どこで働いているかで内容はそれぞれ違います。
都道府県庁や市町村役場などで働く人を示します。
県立や市町村立の学校などで働く職員も地方公務員となります。

様々な職業があることからもわかりますが、色々な内容の仕事があります。
公務員と総称されていうことは多いですがその内容は色々あり、仕事も待遇も差が大きいと考えていいでしょう。
スポンサーサイト
TAG :
公務員
国家公務員
地方公務員
このページのトップへ
結婚
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。