スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

就職作文のコツ

就職作文には書き方のコツがあるのでしょうか。

就職試験で作文を求められた場合は、志望動機自己アピールを盛り込むことが大事です。
つまり就職の作文は、しっかりとした自己分析が出来ていないと書けないものなのです。

では、採用される作文とは、与えられたテーマに対してどう分析し、どのような順序で、どんなことを書いていけばいいのでしょう。

まず、与えられたお題に関する具体的な内容を押さえた上で、自分の主張や考え方を折り込むようにしましょう。
就職活動で使える作文を書く時には、反駁されてもある自分の意見として揺らがないような内容になっていれば、立派に主張として通せます。

会社側としては、採用希望者個々人が考えている内容を踏み込んで知りたいわけではありません。
自分の仕事への努力と挑戦を通じて会社の発展へ貢献し、会社内での上司に敬意を払い同僚を尊重していくという基本線で主張するしかないのです。

作文では色々な主題が出されていますが、作文を通してすべきことはこれに集約されます。
また同様に、人生への姿勢の題目を構成する時にも、楽して生きるのではなく、努力し挑戦する人生を送るという事が基本線にすることが必要です。

会社側が、作文での思想や考え方はどんなものでも構わないと言われていても、それは言葉のあやでしかない場合もあるのです。
骨子として何を書けばいいのかある程度の目星をつけておけば、就職試験で作文があっても慌てることはありません。
スポンサーサイト
TAG :
就職作文
書き方
志望動機
自己アピール
このページのトップへ
結婚
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。