スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第二新卒の転職とは

第二新卒というカテゴリーにあてはまる方は、転職活動には別な注意点があります。

新卒とは大学や高校卒業後の人ですが、第二新卒とは最初の就職後に1年~3年で仕事を辞め、再び転職活動をしているという人を指しています。
新社会人の30%が勤め始めて3年以内で何らかの理由で会社を辞め、再び転職活動をするともいいます。
このような動きが珍しくなくなるにつれ、第二新卒という言葉ができ、第二新卒を対象とした求人の動きも出てきました。

今や転職市場においても、1つのカテゴリとして扱われる程、多くの人が第二新卒者として転職活動をしているそうです。
ただし、基本的な枠組みはありますが、第二新卒とはどういった人を指すのか曖昧なままでいるという方もいるようです。

第二新卒とは自分のことであると、誤った認識をする方もいます。
第二新卒のつもりで転職活動をしていたところ、そもそも第二新卒でなかったために転職がうまくいかなかったということもあります。
求人と求職の条件がそもそも合致していなかったため、採用可能性がほぼない会社に応募してしまったという状況も発生しています。

第二新卒ではない人としては、大学卒業直後には就職をせず、海外留学やその他の活動をしていたという方、卒業時期が他の人とズレていた人や働かない期間があった人なども第二新卒以外となります。
このような方々の場合は、個々人の状況によって新卒、フリーター等のカテゴリーに分類され、第二新卒者を募集する企業の採用条件外とされるようです。

転職活動を第二新卒者として行う場合、第二新卒に該当するかどうか、自身をもう一度チェックするといいでしょう。
スポンサーサイト
このページのトップへ
結婚
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。