スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第二新卒の企業側の評価

第二新卒は、採用企業側からどのように評価されているでしょう。

転職活動の中で第二新卒であることをうまく利用するには、第二新卒に対する会社の基本的なものの見方がどのようなものか知ることが大事です。
3年未満で前の会社を移ろうとしている第二新卒は、短期間で仕事を変えてしまうことをどう思われるかが気になると思います。

継続して働くことができなかった人物として第二新卒を低く評価しがかちなのは比較的年配の採用担当者であり、その場合は不利になることがあります。
とはいえ、3年未満で転職をすることがマイナスに作用するばかりではないようです。
この場合大事な点は、前の会社を辞めた理由と、新たに転職活動をしている理由がしっかりしていることです。

第二新卒には、以前の会社を3年未満で辞めたという前歴は残っています。
3年以内に退職したのには現状に満足出来ず、新しい環境を求めるに至った理由があるはずです。
仕事をする事で自分は何を手に入れたいのかという明確な目的が必要です。

採用が決まったらやる気を持って業務に取り組むという、熱意を伝えましょう。
第二新卒を採用する会社が危惧していることは、せっかく採用しても、前の会社で働いた時と同様3年程度で退職してしまわないかということです。

第二新卒はその点を考え、企業側の心配な点を払拭すべく自己アピールを行いましょう。
転職後はずっと働き続けたいという意志を明確にすることです。
スポンサーサイト
このページのトップへ
結婚
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。