スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第二新卒の転職ポイント

不景気の影響で、新卒採用者の内定を取消しする企業も少なくないようです。

新卒採用者の内定取消し問題は大きな話題を呼んだニュースにもなりました。
ただし、求人そのものが減っているため新卒者ですら就職先が決まらず、第二新卒転職も楽ではありません。

第二新卒者の転職志向の1つに他業界や他業種からの転職、いわゆるキャリアチェンジがあります。
しかし、転職市場の悪化により、未経験者の採用は困難を極めます。
求人を出している会社は第二新卒でも即座に働ける人を探していることを意識して採用試験に臨み、採用担当者と接することが成否を分けます。

業界の特性や、会社状況をしっかりと研究し、短いながらも今迄の経験の中で即戦力となり得る部分は何かというポイントを事前に整理しておく事が必要でしょう。
未経験者の転職活動は困難なものがあるということは始めから覚悟の上で求人の応募をする必要があるでしょう。

このような背景で第二新卒を積極的に受け入れている企業思惑とは、どういったところにあるのでしょう。
熟練のスキルや経験より、勤務実績3年未満という第二新卒に対しては可能性を求めて作用するようです。

基本的なビジネスマナーが身についている事に加え、吸収力がある点が企業が期待する所です。
企業風土になじみやすい点、大きな可能性を秘めている点にも期待を寄せています。
会社が第二新卒に期待していることを知っており、それに応える気があることを示すことが第二新卒の転職では重要です。
スポンサーサイト
TAG :
転職
第二新卒
このページのトップへ
結婚
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。