スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の就職で外国人の注意点

日本で就職活動を行う外国人が、あらかじめ気をつけなければならないポイントがあります。

母国と日本との文化的な違いに関しては、事前に確認しておきましょう。
面接の際に、アメリカでは握手を交わしながら挨拶をすることもあるようですが、日本では突拍子もない行為であり、人事担当者は困惑するでしょう。

立ち居振る舞いやイスへの腰掛け方なども、面接では審査対象です。
気取らないうち解けた態度は、日本では礼儀がなっていないと判断される場合もあるようです。

中には外国人ならではの良さを受け入れようとする企業も無いとは言えません。
その会社がどんなスタンスでいるのか、就職活動時にはよく調べておきましょう。

そして、このことは日本企業に限定された話ではありませんが、それぞれの会社にはそれぞれの気風があり、価値観があります。
求人情報に目を通す際には、どのような雰囲気を持つ会社なのか、自分はその中でやっていけそうか、考えてみるといいかもしれません。

日本企業に就職をする場合、出身を問わずスーツ着用が間違いがないでしょう。
もしも普段着やラフないでたちで来ても構わないと言われた場合でも、就職活動中や担当者と会う時はスーツを着た方がいいようです。

就職活動に際しては、外国人の場合でも日本ではスーツ着用で行った方が、会社の考え方にも関係はしていますがいいようです。
スポンサーサイト
TAG :
仕事探し
外国人
就職活動
このページのトップへ
結婚
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。