スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中高年の転職の注意点

中高年になってからの転職活動は色々と難しいことが多く、思うように転職もできないといいます。
希望に沿った転職先を見つめけるため、中高年はどういった取り組みをしていくべきでしょう。

会社の立場から考えた場合、中高年を採用するということは必然的に高い給与とならざるをえません。
基本的な価値観として、日本の企業風土では年功序列という概念が強く、中高年に対してはそれ相応の給与を支払うことになりがちです。
そのため、給料に見合う能力が発揮できることを見込めない限り、採用はされにくいわけです。

こういった事情もあり、転職をする際に中高年が心がけることは、会社で生かせる能力があるかどうかです。
今までの会社の経験に基づいた判断に固執しやすい中高年もいるため、会社としては新しい会社に問題なく馴染むことができるかどうかを危惧することがあります。
採用された会社の価値観を受け入れることが難しくなる人も多く、新天地に向かう際は頭を柔らかくして転職活動に勤しむ姿勢が重視されます。

マネージメントができる人材を捜して中高年の求人を出している会社が少なくないということも踏まえておくといいでしょう。
まだ年若い人たちに適切なスキルが身につくように指導し、会社の生産性が増すような人の動かし方をすることがマネージメントですので、それをするスキルがあることを面接などで伝えると効果的です。

中高年は自分を良く見せようとする余り、他の社員に受け入れがたい態度を取るのではないかと見なされたりします。
柔軟な思考力があり、好奇心と意欲を持って新しい仕事に積極的にトライしていきたいという意気込みを中高年の転職活動では見せていきたいものです。
スポンサーサイト
TAG :
中高年
転職
転職活動
仕事探し
このページのトップへ
結婚
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。