スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

就職活動とお礼状の必要性

会社の説明会や面接を就職活動で受けるときは、お礼状を応募書類とともに送りましょう。

社会人になる人間として、就職説明会や面接を受けた後にお礼状を感謝の気持ちを込めて出すようにします。

実際にお礼状を出すチャンスは、エントリーシートをもらって就職説明会の後に提出するとき、成績証明書を提出するとき、健康診断書を提出するとき、履歴書を提出する時などになるのではないでしょうか。

知らない人間からいきなり履歴書が送られてきますので、誰が何のために送ってきたのかわからないというのが、企業の側からの見方です。
自己紹介や希望などを簡単に一言添えることで、送られてきた意味を理解してもらえるでしょう。
不合格の理由として、じかに会った時の印象と適性検査の結果が違いすぎることがあります。

お礼状は手書きの方が相手に情熱が伝わりやすくなりますので、パソコンでお礼状を書いたり、 Eメールで自分の気持ちを伝えることもできますが手書きがおすすめです。
お礼状に書く内容は、社会人としての常識を見られるので、ビジネスレターの形式で書きます。

お礼状に必要な項目としては、提出年月日、自分の名前、会社名と担当者名があげられます。
当たり前ですが文頭は「拝啓」、文末は「敬具」とし、面接などの感想も一緒に書くとベストです。
敬称、とくに貴社、御中、様などにも注意したほうが良いでしょう。

就職のお礼状で最も大切なのは、お礼、感想、入社したい気持ちを自分の言葉で伝えることです。
自分らしい言葉で感謝の気持ちを書くことが、就職のお礼状では大切なことなのです。
スポンサーサイト
TAG :
就職
就職活動
お礼状
このページのトップへ
結婚
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。