スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

就職のお礼状の内容

就職お礼状は、手書きで書くのが基本です。
企業に好印象を与えますので、就職活動中、企業側に何らかの書類を提出する場合にお礼状は不可欠です。

お礼状の書き方があります。
○○株式会社、改行して採用担当者○○様と書きます。
右側に学校名を書いたら、改行して自分の名前を記します。
大きめの文字で題名を中央に「お礼状」と書きます。
書式として「拝啓」から始め、「先日は、お忙しい中……」とお礼や感想を述べます。

面接が終わった後ならば、本題では「面接させていただきましてありがとうございました」と書き、このほか努力して頑張っていく、面接で聞いた担当者の話がためになった、会社にお世話になることが楽しみである、など自分の感想を書いておきましょう。
文章の長さとしては、400文字くらいでよいでしょう。

就職活動のお礼状はあまり形式ばった手紙よりも、自分の率直な気持ちをつづった方が若々しく、印象がよくなるといわれています。
お礼状の書き方をインターネットなどで検索して参考にすることを、お礼状を書くのが初めてという人にはおすすめします。
いろいろな就職のお礼状がありますので、参考にして、自分なりにアレンジして書きます。

説明会へ出席したとき、面接した後、内定をいただいたとき、時間を空けないようにしてお礼状を出すことが、重要なポイントです。
間が空いてしまいますと、感謝の気持ちが間延びしてしまいます。

最後に「今後ともよろしくお願いいたします」などと締めくくります。
就職のお礼状を出すことにより、先方に好印象を与えます。

就職のお礼状によって、入社後もスムーズな社会人生活が送れるのではないでしょうか。
スポンサーサイト
TAG :
仕事探し
就職
お礼状
このページのトップへ
結婚
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。