スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

就職のお礼状で合否を分ける

就職お礼状にはどんな意味があるのでしょうか。

就職活動の選考において企業側に丁寧に対応しているはずなのに、相手にマイナスの印象を与えるケースがあります。
面接後に書くお礼状がそうです。

現在、面接に合格するワンポイントのテクニックとしてお礼状は一般的になってきました。
お礼状の送付を奨励しているものも、就職することができるノウハウ本などではあるようです。
担当者としては、面接後の予期しないお礼状はうれしいもので、多くが好印象を与えているといえます。

就職活動中にお礼状を送ることは、企業側にとって良くないことではありません。
けれど条件はお礼としての気持ちが伝わることでしょう。

受かりたいという下心を与えてしまい、魅力的どころか色あせてしまうことがあるのが、マニュアル本や就職活動のノウハウ本などに書かれているような形式的なお礼状になってしまった場合です。

お礼状の中に卑しい印象を感じたというのが、お礼状でマイナスになったケースで言われていました。
届いたお礼状があまりにもマニュアル通りですと、面接の担当者に形式的だなと思われることがあります。

相手に形式的と思われないためには、自分の面接を受けたときの感情を、一言でいいのでお礼状に入れてみることです。
自分の素直な言葉で、あの時の言葉はうれしかったですなどのように書いてみましょう。

非常に初めて就職のお礼状を送るときは緊張すると思いますが、失礼がないかと気にしながら書くと、かえってもらった側も心を揺さぶられることがありません。
重要なことは、相手に対する感謝の気持ちをストレートに伝えることです。

担当者の顔を思い浮かべながら、就職のお礼状には一言書き添えることがポイントです。
スポンサーサイト
TAG :
就職
お礼状
このページのトップへ
結婚
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。