スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有効求人倍率は職業別で差が

有効求人倍率が最低値を更新し続けているここ数年、就職難が盛んに叫ばれています。

いくら就職難とはいえ、全ての人が職を見つけることが不可能なの世の中なのでしょうか。
実はここには数字のトリックが潜んでいます。

有効求人倍率職業別に見ると、すべての職種で1を割り込んでいるのではないことが理解できます。
仕事を探す条件によって、仕事の難しさは全く違っているというのが現状です。
常に高い数字を示している職業が、職業別有効求人倍率を見た場合、たとえ全体が1を切っている時でもあることがわかるのです。

保安職は特に高く、介護などの福祉関係の仕事、IT関係の技術職などは有効求人倍率は高い数字を維持しています。
事務職や管理職の有効求人倍率は、その一方で全体平均以上に低い数字なのが現状です。
実質的な倍率は、仕事を希望する職種によって異なるものなのです。

地方によって有効求人倍率は傾向が違うことがありますが、大体職業による数字の差の傾向は同程度のものだといいます。
事務職を希望する人が多い一方で事務職の求人は少なく、介護や保安関係では逆の状況が起きているわけです。

就職の難しさを一層助長しているのは、有効求人倍率から読み取れる、労働市場における需要と供給のミスマッチが原因とも考えられます。
スポンサーサイト
TAG :
有効求人倍率
職業別
このページのトップへ
結婚
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。