スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

求人募集方法の変化

新しく人を増員したいという時に求人の募集が会社から出されます。

求人募集を探したい時は、これまではハローワークで探す他は、タウン誌や無料情報誌、雑誌や新聞をチェックしていました。
会社が新しく事業を増やすという時に、仕事が多くなることがあります。
忙しくなってきた場合、従業員に残業を頼みますが、間に合わないということになると、外部から新しく社員、アルバイトやパートを雇い入れることになります。

もしも新規事業を開拓するのであれば、その事業に見合った人材が必要になるでしょう。
求める能力の持ち主を見いだすため、会社は求人募集をハローワークや学校に出します。

新聞や雑誌を使った従来の募集方法も変わらず続いていますが、この頃はインターネットの募集や、就職説明会などのイベントも活用されています。
求人情報誌を使った求人活動も活発に行われています。
リクルート社や学生援護会が作っているもので、まるで電話帳のようなボリュームのある書籍です。

求人情報は有料の厚い本だけでなく、定期的に出版されている薄いフリーペーパーにも掲載されています。
スーパーの出入り口や美容院、喫茶店など、様々な人が行き来する場所に置かれています。
気軽に持って帰ることができ、最新の求人情報をチェックできます。

フリーペーパーが増えるにつれ、有料の冊子は減少傾向にあります。
企業サイドは、求人募集を出したいという時は、フリーペーパーや新聞、ハローワークなど様々なところに出しているようです。
スポンサーサイト
TAG :
求人募集
仕事探し
就職
求人情報
インターネット
このページのトップへ
結婚
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。